9.18 (日) グラップリングツアー 【TAP OUT】 詳細

9月18日(日)に『公武堂MACS』にて開催されます。

グラップリングツアー 第3戦
【TAP OUT】の詳細になります!!


主催:グラップリングツアーコミッション
主幹:ネックススポーツ
日時:2016年9月18日(日)
会場:愛知県名古屋市・公武堂MACS 3F タイガーホール

申込締切:2016年9月10日(土)必着




お申込、要項はこちらのリンクまで
http://grapplingtour.com






尚、現在。 【NEXグループ】は



【総合ランキング】
2位


【個人ランキング】
2位 竹浦 正起 (17P)





5位 前田 邦明(13P)


※上位のみ掲載


たくさんのご参加お待ちしております!!

NEXスポーツ、団体ランキング 1位を目指しましょう!!


8.7 『GRACHAN24』 試合結果

8.7(日)にディファ有明にて
『GRACHAN24』 が開催されました!










NEXグループからは

北 竜也




山本 聖






2名が参戦致しました!



以下試合結果になります。

《GRACHAN CHALLENGE 5分 1R》
◯北 竜也 (NEX SPORTS)

??金子翔太 (YMC 栃木)
【判定勝ち 3ー0】




《GRACHAN フライ級 5分 2R》
??山本 聖悟 (NEX イチムエ)

◯MAGISA (フリー)
【反則負け】
※4点ポジションからのヒザ蹴りによる反則。





※皆様、
北 竜也,山本 聖悟
両選手の応援ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します!!




また、 9月 18(日)公武堂MACS 3F にて
【グラップリングツアー2016 第3戦】



の予定しております!
皆様のご参加をお待ちしております!!
詳細については決まり次第お知らせいたします。
よろしくお願いします。

8.7 【ASJJF CENTRAL JAPAN JIU JITSU TOURNAMENT 2016 一般の部 試合結果】

【ASJJF CENTRAL JAPAN JIU JITSU TOURNAMENT 2016】
続いて


【一般の部】

※マスター 白帯 ライトフェザー級
高橋 知矢
2戦 1勝 1敗

カテゴリー 2位













*シニア 1 白帯 ライトフェザー級
今井 康司
2戦 1勝 1敗
カテゴリー 2位













今井さん、,高橋さん。
お疲れ様でした!!!( ^ω^ )

今回、お二人とも初戦を勝ちました!!今井さん、高橋さん初勝利との事で、
私も嬉しかったです。

おめでとうございます!!

2回戦は残念なが負けてしまいましたが、怪我もなく試合終える事が出来て、よかったと思います。

試合の動画を撮影しましたので、
是非次戦は今日出来なかった事を修正して、試合に臨むと、また違う展開になると思います。

お疲れ様でしたm(_ _)m


8.7 ASJJF CENTRAL JAPAN JIU JITSU TOURNAMENT 2016 ジュニア結果

8.7 (日)に 【ASJJF CENTRAL JAPAN JIU JITSU TOURNAMENT 2016 】

が半田市の青山記念武道館にて開催されました(=゚ω゚)ノ










NEXグループからは、
ジュニア 6名
一般 2名


の参加になりました( ・∀・)



ジュニアはみんな夏休みに入り、私が思っていたよりも、NEX小牧の柔術チームが参加しました!






一般の方はお盆前で、
少しその関係で、皆さん忙しく少数のエントリーになりましたね。



まずは

《ジュニア試合結果》



※ジュニア 黄帯 ミドル級
川辺 奏太 2戦 2 敗




※インファンティウ 灰帯 ミドル級
川辺 綾音 1戦 1勝


カテゴリー 優勝!!






※インファンティウ 灰帯 ミドル級
石黒 雅弥

2戦 2勝

カテゴリー 優勝!!





※インファンティウ 灰帯 ライト級
叶内 来人
2戦 2敗
カテゴリー 3位







※ミリン 白帯 ライト級
叶内 凛空


2戦 1勝 1敗

カテゴリー 3位





※ティーン 白帯 スーパーヘビー級

ウェスレイ・シウバ

1戦1敗

カテゴリー 3位



※同級
長嶋 航矢

3戦 1勝 2敗
カテゴリー 2位






お疲れ様でした!!!






今回、全員の試合を見て感じたところは、
日頃からの練習に対する態度や姿勢、この試合に向けて頑張ってきたものがそのまま出てしまったように感じました、、


もちろん、勝負をしているので勝つ,負けるというのは大事な部分ですが、、今の自分をぶつけるように、とにかく出し切るよう悔いなく試合をしてほしいと感じました。


お盆休みになり、少し練習日が空きますが、また技術の事も含めてみんなに分かるように話していきたいと思います(=゚ω゚)

試合で課題が残る子は忘れないで、
勝って優勝した子も満足しないで、練習を今まで以上頑張りましょう!!


みんな、本当にお疲れ様でした!!!





みんなで写真を撮る時に、、
この日は2戦ともいい結果が残す事が出来なかった奏太が、

「ほら、優勝した子はもっと前に出てね」


と言った言葉が胸に残りました。



2016 NEXグループ お盆休みスケジュール


8月11日〜15日 NEXグループ
お盆休みスケジュールとなります。
ご確認願います。

*8月11(木)〜16日(火)はジュニアのレッスンは休講となります。

*練習会を開催したい方は、スタッフまで連絡下さい。







よろしくお願い致します。

7.3 第1回 全日本マスター柔術オープントーナメント 試合結果


7.3(日)に
【第1回全日本マスター柔術オープントーナメント】

が愛知県武道館にて開催されました(=゚ω゚)ノ





NEXグループからは9名参加されました!!




《試合結果》


・マスター1白 ライトフェザー級
高橋 知矢 ポイント負け 3位



・マスター2白 フェザー級
蜷川 寿 ポイント負け 1回戦敗退


・マスター2白 ミドル級
小嶋 弘道 不戦勝 優勝


・マスター3白 ライトフェザー級
渡邉 義久 ポイント負け 3位


・マスター4白ライトフェザー級
今井 康司 ポイント負け 3位



・マスター4白 ライト級
前田 邦昭 ポイント負け 準優勝


・マスター1 紫 ライト級
油野 諭 1回戦 判定負け


・マスター3 紫 フェザー級
山下 智広 1回戦 判定負け



・マスター4 オープン
高野 耕次 ポイント負け 3位


・マスター2 ライト
吉田 正人 決勝ポイント勝ち 優勝


・蜷川 寿 マスター2白 オープン
1回戦敗退


・油野 諭 マスター1紫 オープン
2回戦敗退




【大会写真】





























全員の方の写真が撮れずに申し訳ございませんでした。。


今回に向けて、
減量や柔術の試合が初戦という方も多かったのではないでしょうか?( ^ω^ )


試合に出ると、課題なども見つかり、練習に対する意識も変わると思います。


応援に来ている方は、いつもジムで練習する方達が試合に出たりしますと、刺激を受けますし、じゃあ今度は出てみようかなって目標にもなりますね(=゚ω゚)ノ



またみんなで予定合わせて試合に出てみましょう!!


みなさまお疲れ様でした!!!


H

6.26 カンペオナートクリアンサ 試合結果

6月26日(日) トヨタスカイホールにてジュニア柔術大会の
【カンペオナートクリアンサ】が開催されました!!


【NEX 小牧】からは12名参加しました。



《試合結果》



● ティーン 黄帯 ライトフェザー級44.3kg以下級

優勝 川辺 奏太







● ピーウィー 灰・白帯混合 フェザー級27kg以下級

準優勝 叶内 来人

3位 小林 桜一郎





● ジュニア 女子灰・白帯混合 ルースター級30.2kg以下級

準優勝 肥田野 紗良




● ジュニア 灰・白帯混合 ライトフェザー級33.2kg以下級

優勝 高野 元希





● ピーウィー 女子白帯 フェザー級27kg以下級

優勝 川辺 綾音





● ジュニア 黄・灰帯混合 フェザー級36.2kg以下級

優勝 折口 永夢





● ジュニア 灰帯 ウルトラヘビー級51.6kg超級

準優勝 長嶋 航矢





● マイティーマイト 男女混合白帯 フェザー級20kg以下級

3位 川合 紗凪





● ピーウィー 灰帯 ライト級30.2kg以下級

優勝 石黒 雅弥





● ピーウィー 灰・白帯混合 ライトフェザー級24kg以下級

川合 崇斗(1戦1敗)

叶内 凛空(1戦1敗)




【大会MVP】



高野 元希!!!

川辺 綾音!!!





男女合わせて、ネックススポーツがダブルMVPとは素晴らしいですね!!!

元希くん。絶対に勝ってみせるという気迫を感じ、試合中の声もよく聞こえていて、相手の動きに俊敏に対処して、ポイントリードしても止まらずに1本を狙っていました!


綾音さん。すごく冷静でした。最近練習でも動きが良くて、立ち技が特に冴えていました。
普段の練習ではみせないような、技を狙っていて、結果それが勝利に結びついたのに驚きました。連続1本勝ちはお見事!!










【団体獲得ポイント】

優勝 スプラッシュ 67p
準優勝 ネックススポーツ 56p
3位 パラエストラ岐阜 39p














みなさんお疲れ様でしたm(_ _)m







今大会は、
なかなか上位に入れなくて、悔しい思いをしていた子や、

惜しいところまではいくけど、。1勝する事がなかなか出来なかった子が初勝利を飾ったりなど。

指導してる、私も感慨深い大会となりました。


また、
初戦で負けてしまって悔し涙を流す子、
自分の力を本番では出し切れなかった子もいました。


試合終わってから、1人づつ話しましたが、、この試合を通じて柔術だけじゃなくて、色々な事に対して成長していってくれたらと思います。

また後日、練習時に話してみたいと思います。



H




6.19 グラップリングツアー 【極 其之十 】 試合結果



6月19日(日) 露橋スポーツセンターにて
グラップリングツアー2016第二弾
【極 其之十】が開催されました!


【NEX グループ】から、4名出場されました!!

まずは、



《階級別》


玉澤 慶明



【アルティメット/アダルト/75kg以下級】

1戦1敗
※引き込みの際に相手に触らずファールで敗退













前田 邦明



【ビギナー/ シニア / 75kg以下級】

一本勝ち【リアネイキドチョーク】



※階級優勝おめでとうございます!!














大谷 義浩





【アドバイス /マスター /69kg 以下級】

決勝戦

【判定負け 0-0 アドバンテージ敗け】










竹浦 正起



【アドバンス / アダルト /69kg以下級】

1回戦
判定勝ち【ポイント9-2】

決勝戦
一本勝ち【ノースサウスチョーク】

※階級優勝おめでとうございます













続いて

【無差別級】


玉澤 慶明
1回戦
判定勝ち
(ポイント 2-0)



2回戦
1本負け
(腕十字固め)





前田 邦明

1回戦
判定勝ち
(ポイント8-2)

準決勝
判定勝ち
(ポイント0-0 レフェリー判定)

決勝戦
判定負け
(ポイント 6-0)












竹浦 正起

1回戦
一本勝ち
(腕十字固め)


2回戦
判定勝ち
(ポイント17-0)


準決勝

1本勝ち
(ノースサウスチョーク)



決勝戦
一本負け
(チョークスリーパー)








以上になります。



尚、現在。
【NEXグループ】は



【総合ランキング】

2位




【個人ランキング】
2位 竹浦 正起 (17P)







5位 前田邦明 (13P)



※上位のみ掲載。




【グラップリングツアー ランキング】
http://grapplingtour.com/2016/ranking160619.htm


****


皆様お疲れ様でした!!!!








NEXグラップリング部門の皆さん、健闘でしたね!!!( ^ω^ )

次回大会は、さらにたくさんグラップリングツアーに参加していきましょう!!


H





6.19 ムエタイスーパーファイト試合結果



6月19日(日)に名古屋国際会議場にて

ムエタイスーパーファイト
【Wanchai + Kingthong Muay Thai Super Fight】が開催されました!!






NEXからは

和田 昌樹こと
リングネーム
【Rarda】が参戦しました!!!




【Rarda】
身長:178cm 体重:70(試合時)
今年、3月13日に行われた【ヤングシーザーセントラル16】にてシュートボクシングのリングでプロデビュー。
1R。パンチで秒殺のK.Oを飾る。

プロデビュー後これが第2戦目となる。



《Rarda 入場》











《第3試合 70kg契約 3分×3R ヒジなし 》

×Rarda (NEX SPORTS)



◯小原俊之(キング・ムエ)

【1R 2分39秒 TKO負け】




1R。ジリジリと距離を詰めるRarda。
それに対し、サウスポーの構えから足を使い、広いフィールドで戦おうとする小原選手。

小原選手、距離がひらくと左ミドルを出し、主導権を握る。

Rardaは手数を出したいが、パンチの間合いに入ると、前蹴り、ミドルで対処され、距離を詰められず。
パンチが交差するとこまではいかない。

しかし、Rardaがロープまで小原選手を詰めると左フックから入り、右ストレートに繋げる。が、ブロック。

すぐに四つ組になる。Rarda相手の脇を両手で差してサバ折りの態勢でブレイク。

またも小原選手、変わらずに鋭い左ミドルを走らせる。
ボディにヒットする場面もみてとれた。
Rardaが受けてしまっている。
ダメージを徐々に蓄積される。

先ほどと同じ入り方でパンチを当てにいくRarda、またもブロック。
組みあう。クリンチも態勢が崩せない。
反対にコントロールされ、相手の膝が直撃ではないが数発ヒット。

終盤になり、このラウンドはRarda劣勢で終わるかと思われたが、

ロープ際で逆にRarda詰められ、見入るように足が止まってしまう。
そこに、小原選手の左ストレートをまともに打ち抜かれる。Rardaダウン。

立てずにレフェリーストップ。試合終了。




****




今回は残念ではありましたが、、

Rarda選手より、
【悔しいけど、精進します。明日からまた頑張ります】との事です。


皆さん、次回のRarda選手に期待してください!!

たくさんの応援ありがとうございました!



H

6.12 DEEP公武堂ファイト 試合結果

第2部に行われました

【6.12 DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト】

こちらも
NEXから3名が出場致しました!!


【NEXグループ 試合結果】


DEEPフェザー級(65.8kg以下)5分2R
〇巽大祐(NEX) VS  ×大金剛(R-BLOOD)
判定3-0





入場から静かにリングインする、大金選手に対して、拳を振り自分を鼓舞するかのように、猪突猛進に入場する巽選手。
両極端な両者。







※1R。
大金選手、独特なフリッカースタイルで下から上に振り上げるジャブを軽くヒットさせる。

それに対して肩を揺らしながら構える巽選手は、勢いのままに見づらい角度からパンチを入れる。組んでは顔に膝をヒット。そのまま四つに繋げてテイクダウンから相手を背負う形でバックテイクに成功。

パウンドがいくつかヒット。かなり大金選手は効いているかにみえる。しかしパウンドアウトには至らず。Rチョークをセットするが、ゴング。

2R。
巽選手の勢いは止まらない。
1R、同様に【離れたらパンチ。組んだら膝】の流れで試合を優位に進めている。

またも四つでテイクダウンに成功した巽選手が先程と同じような流れでバックを取る。しかし大金選手もエスケープ。

トップを取りかけるが、巽選手の反応がよく。

スクランブルの中で巽選手が再度バックを取り、お得意のRチョークを再度セット。しかしここでも決まらず。
このまま試合終了。
極めきれなかったが、フルマークのゲームで。判定:3-0

巽選手の持ち味が完璧に出た試合運びでした!!!







DEEPフェザー級(65.8kg以下)5分2R
〇木之下喧壱(NEX) VS ×廣田昴(INFERNO)
1Round 3:26 バックチョーク











序盤、身長,リーチに勝る木之下選手だが、少し動きが硬そうにみえた。
相手の廣田選手の左右のフックが数発ヒット。少し効いてると思われた。

その展開を嫌ったのか、組みにいった木之下選手。しかし廣田選手は足をフックしてフロントチョークを仕掛ける。

冷静にリストをたぐり、外していく木之下選手。

一度外れ、組んだまま両者スタンド。

ここでもう一度、今度はスタンディング状態でフロントチョークを狙いにいく廣田選手。体を相手ごとコーナーに押す形で木之下選手が密着。ここで廣田選手がボトムロープに乗ってしまい。ブレイク。

ブレイク後。
打撃の中で、木之下選手がコーナー際で組みにく。廣田選手のバックにつく事に成功する。相手をテイクダウンさせずにスタンド状態でチョークを極めにいく。

足のフックはしていないが、かなり深く腕が首に巻きついている。(写真参照)

廣田選手たまらずタップアウト。
応援の歓声が凄い。






DEEPライト級(70.3以下)5分2R
〇河村嘉展(NEX) VS  ×餅瓶太(和神会)
判定3-0











1R。
河村選手。頭を下げてハイガードの構えから、
パンチコンビネーションを軸に試合を作り始める、そのなかで餅選手もスタンドに付き合うという流れが出来る。

試合を自分から作っていこうとしているのは河村選手。打撃を交差させる中で、ピンポイントにヒットを重ねて組みにいく。

餅選手もパンチを出してはいるが、川選手は頭から入り、体ごと前に行く事で餅選手の勢いを殺しているかにみえた。

河村選手はパンチから組みにいくが餅選手もロープに体を預けるように対処する。

両者、ロープ際で体が入れ替わり、足を引っ掛け、優位な位置に体をずらすが、なかなかテイクダウンには繋がらない。。

明確な差が出ないままゴング。
イニチアシブでは河村選手か。



2R。
河村選手のセコンドから
【組みにいくな!パンチでいいぞ!】
という声が入る。
しかし河村選手1R同様に打撃から組みにいってしまう。

餅選手はこらえる。ブレイク。

この流れでゲームは終わってしまうかにみえた。

スタンド再開。今度は頭を下げている河村選手に対して、餅選手のアッパーがヒット。打撃が目立ち始めた。決定的ではないが印象がいい。

だが河村選手は頭を下げたまま組む。
ここでなんとかテイクダウン成功。
相手を抑える。エスケープしたい餅選手。しかしタイムが進み、そのままゴング。
2Rはこのテイクダウンがかなり大きく響いたように思う。

判定で河村選手勝利。


Check

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM