<< 6.18【カンペオナートクリアンサ 2017】 | main | 8.20 【コパ・ブルテリア in NAGOYA 柔術大会】ジュニア試合結果 >>

8/11~13 【EAST ASIAN MUAY THAY CHANPIONSHIP 2017】試合結果



8月13日に香港で行われました、

【EAST ASIAN MUAY THAY CHANPIONSHIP 2017】の試合結果を報告致します!!





NEXから【二田水 敏幸】選手が参戦致しました!!!






二田水選手はシード選手で12日の2回戦からの試合となりました!!
その初戦を危なげなく勝利すると13日の決勝戦に駒を進みました!!

決勝は香港の【林烈棟】選手。




1R
手数で相手を下がらせる二田水、対する林は返しのローキックで打ち返す。

距離が近づくと二田水得意の首相撲の展開に持っていく。
林は二田水の首に腕を巻きロックをしようとするが、二田水は右手で林の顔を抑えて膝蹴りをヒットさせる。林の首相撲からのバックエルボーが軽くヒットしたようにみえた。手数で二田水のラウンドか。







2R
1R同様に二田水の手数は止まらない。林も打ち返してはいるが、距離が近づくと腕を二田水の首にまいて組み合う。しかし首相撲のコントロールは完全に二田水が支配しているゲームが続く。
林は二田水を組みで投げるとアウェイもあり観客の声援がすごい。
2R終わりに林のハイキックが当たるが、ダメージはそこまで大きくはないと思われる。







3R
疲労がかなり濃くなってきた林。
組まれてしまうと完全に横を向いてしまう。バックエルボーも打つが攻勢にはなれない。二田水は徹底して前にプレスをかけて、離れても組んでも手数止まらない。林は最後に意地をみせてヒットを狙う。最終ラウンド終了のゴング。


判定 二田水 敏幸。










二田水選手!!

優勝!!おめでとうございます!!

アウェイなので判定を聞くまで、
正直分からないというのが怖いとこでありますが、きっちりチャンピオンになりました!!!

相手の林選手も試合後に二田水選手を抱き上げて認めてました。
観ていてその姿勢にも感動しました。





チームジャパンの皆様、
本当にお疲れ様でした!!

Facebookでは【公武堂TV】のページがあり8月14日の放送でチームジャパンが出演してくれました!!!
是非、ご視聴ください!!







スポンサーサイト

  • 2017.09.05 Tuesday
  • -
  • 14:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM